選ぶ

【データ容量別】格安SIM選びの3つのポイント!各社の「月額料金&サービス内容」を徹底比較

ドコモ「ahamo」など大手キャリアの格安プランのCMを見てると「今の高いスマホ代をずっと払い続けるのは、もしかして損してる?」という気持ちになる。

そろそろ私も格安SIMに乗り換えようかな。

そんなお悩みを解決します。

この記事の内容

  • データ容量毎に格安SIM各社の月額料金を比較
  • 格安SIM各社のポイントやデメリットを徹底解説
  • 格安SIMを選びの3つのポイント
  • この記事を書いた人

格安SIM選びの3つのポイントは以下になります。

  • 店舗でのサポートが必要か?
  • 平日12時台にスマホを使うか?(格安SIMは平日12時台に通信速度が遅くなる傾向あり)
  • 毎月どのくらいデータ使ってるか?

店舗サポート要否や、平日12時台のスマホ利用状況は整理できそう。

でも、毎月どのくらいデータを使ってるか、なんてわからないんだけど。

いきなり言われてもそうですよね。


こちらの記事でデータ使用量の確認方法を解説しました。
自分がどのくらいデータを使っているか、わからない方はご覧ください。

>>知らないと損をする!毎月のスマホのデータ使用量

毎月のデータ使用量を調べるのが面倒!という方は、 ↓ のイメージ図のどこに当てはまるかを確認しておいてください。

データ使用量の目安

ざっくりでOKなので、自分のデータ使用量を把握できましたか。

比較表は3つのパターンに分けました。
該当するデータ容量の比較表をチェックしてみてください。

自分の使い方にピッタリな格安SIMが見つかりますよ。

データ容量3ギガ以下(連絡手段がメイン)

店舗サポート平日12時台の速度0.5ギガ / 月1ギガ / 月3ギガ / 月公式サイト

公式サイトを見る
ありドコモショップやや速い550 円 770 円 990 円 公式サイトを見る

公式サイトを見る
速い1,480 円公式サイトを見る

公式サイトを見る
速い2,178 円公式サイトを見る

公式サイトを見る
なし速い990 円公式サイトを見る

公式サイトを見る
なし遅い 1,078円 1,320 円公式サイトを見る
nuroモバイル
公式サイトを見る
遅い792 円公式サイトを見る
mineo(マイネオ)

公式サイトを見る
遅い公式サイトを見る

3ギガ~15ギガ

店舗サポート 平日12時台の速度 5ギガ / 月 6ギガ / 月 10ギガ / 月 15ギガ / 月 公式サイト
公式サイトを見る ありドコモショップ やや速い1,320 円1,760 円公式サイトを見る

公式サイトを見る
速い2,728 円公式サイトを見る

公式サイトを見る
速い3,278 円 公式サイトを見る
公式サイトを見るなし遅い1,870 円公式サイトを見る
nuroモバイル
公式サイトを見る
なし遅い990 円1,485 円公式サイトを見る
mineo(マイネオ)

公式サイトを見る
なし遅い1,518 円1,958 円
パケット放題Plus付
公式サイトを見る

15ギガ~50ギガ

店舗サポート 平日12時台の速度 20ギガ / 月 25ギガ / 月 50ギガ / 月 公式サイト
公式サイトを見るなし速い2,970 円公式サイトを見る

公式サイトを見る
速い3,828 円 公式サイトを見る

公式サイトを見る
速い4,158 円公式サイトを見る

公式サイトを見る
なし速い2,728 円
donedone(ドネドネ) 公式サイトを見るなし遅い2,728 円公式サイトを見る
nuroモバイル
公式サイトを見る
なしやや速い2,699 円公式サイトを見る
mineo(マイネオ)

公式サイトを見る
なし遅い2,178 円公式サイトを見る

格安SIM各社のポイント

OCNモバイルONE

OCNモバイルONE

NTTグループが運営する格安SIMです。

ドコモの「エコノミーMVNO」対象となっているので、申込みはドコモショップでもOK。

スマホ本体の激安セールをやっていて、iPhoneもセール対象になるタイミングあり!

肝心の通信品質も格安SIMの中ではトップクラス。

ポイント

  • 全国のドコモショップで申し込みOK
  • 平日12時台も安定した通信速度。ドコモ回線を使った格安SIMの中で、通信品質総合1位を獲得
  • 通信品質が比較的高く、それでいて月額料金が安い
  • スマホセット販売が激安。iPhoneも対象となるタイミングあり。
  • MUSICカウントフリー(無料)で音楽配信がギガ消費なし

デメリット

  • 10ギガを超える大容量コースが無い
  • バッテリー消費が増える機種もある(2022年3月末までに解消予定)

  • 料金プラン
OCNモバイルONEの料金プラン
出典:OCNモバイルONE公式サイト

公式サイトOCNモバイルONE

OCNモバイルONEのことを詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。
>>【迷ったら選んでおけ】OCNモバイルONEは平日昼休み速いぞ【評判/レビュー/口コミ】

UQモバイル

UQモバイル

テレビCMされているのでご存じの方も多いですよね。

とにかくバランスが良いです。

通信品質・サポート力・オプションの多さ、などなど欠点が見つかりません。

店舗で手厚いサポートが受けられます。

格安SIMへの乗り換えには不安があるけど、毎月のスマホ代を安くしたい方にピッタリ。

利用料金は他社よりちょっとだけ高めですが、その分の価値は十分です。

ポイント

  • 店舗で手厚いサポートを受けられる。
  • 通信品質も心配なし!大手キャリアと同等
  • お客様満足度No.1

デメリット

  • 店舗サポートが不要な人にとっては、月額料金が高い
  • 料金プラン
UQモバイルのプラン
出典:UQモバイル公式サイト
公式サイト UQモバイル

UQモバイルのことを詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

>>【ポイントは1つ】UQモバイル「くりこしプランS」(月3ギガ)の判断ポイントは1つだけ【評判/レビュー/口コミ】

ワイモバイル

テレビCMでおなじみのワイモバイルです。

通信品質が高く、店舗サポートが充実しています。

単独での契約だと割高ですが、家族割を使えばかなり安くできます。

家族が多ければ効果絶大!

無料でYahooプレミアム会員なれたり、PayPayでお得なキャンペーンがあったり、特典をフル活用すれば月額料金以上の見返りが期待できます。

ポイント

  • 店舗で手厚いサポートを受けられる。
  • 通信品質も心配なし!大手キャリアと同等
  • 家族割や光回線セット割を使えば、かなり安い料金設定
  • 無料でYahooプレミアム会員になれる
  • PayPayでお得なキャンペーンを受けられる

デメリット

  • 家族割を使わないと他社に比べて月額料金が高い

  • 料金プラン
ワイモバイルのプラン
出典:ワイモバイル公式サイト
公式サイト ワイモバイル

ワイモバイルのことを詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

>> 家族割ならワイモバイル一択【3つのポイント/5つの見落としポイント】

LINEMO

LINEMO

ソフトバンクのオンライン専用プランとして登場しました。

元々はLINEモバイルだったので、LINEに関するデータ通信がカウントフリーになります。

大手キャリア並みの通信品質にもかかわらず、月990円(3ギガ)のコスパは衝撃的。

格安SIMの中で最強のコストパフォーマンス。

ただ、スマホ販売のセット販売はしていないのでスマホは自前で準備する必要があるので注意です。

ポイント

  • 大手キャリア同等の通信品質
  • 3ギガのミニプランは月額料金990円!格安SIMの中でもコスパNo.1
  • LINEアプリがギガ消費なしで使い放題

デメリット

  • オンライン専用プランなので、チャットでの問い合わせが苦手な人には向いてない

  • 料金プラン
LINEMOのプラン
出典:LINEMO公式サイト
公式サイト LINEMO

LINEMOのことを詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

>> LINEMOミニプランを徹底解説!メリット|デメリット|他社との違い

ahamo

「ahamo」はドコモのオンライン専用プランです。

申し込みから問い合わせサポートをオンラインにすることにより、月額料金をかなり抑えたお得なプラン。

プランは1つのみ、とシンプル。

ポイント

  • 高品質なドコモ回線。いつでもどこで快適
  • データ容量が20ギガ!普段使いには全く困らない大容量
  • 通話し放題(1回あたり5分以内の通話)
  • 月額料金が2,970円

デメリット

  • オンライン専用プランなので、チャットでの問い合わせが苦手な人には向いてない
  • ドコモのメールアドレスが使えなくなる
  • ドコモの各種割引が対象外となる

  • 料金プラン
公式サイト ahamo

NUROモバイル

nuroモバイル

ソニーグループが運営する格安SIMです。

安さが売りの「バリュープラス」と、通信品質が売りの「NEOプラン」の2つプランがあります。

バリュープラスは、平日12時台は通信速度が低下しがちですが、子供との「連絡手段」や「位置情報の確認」であれば問題なし。

ギガの容量も最安プランの月792円(3ギガ)で十分。

ポイント

  • 「バリュープラス」と「NEOプラン」はまったく異なるコンセプト
  • 「バリュープラス」は業界最安値級の安さ!
  • 「NEOプラン」は速度低下無し
  • LINEアプリがギガ消費なしで使い放題
  • 3キャリア対応なので、今使っているスマホがそのまま使える

デメリット

  • オンライン専用プランなので、チャットでの問い合わせが苦手な人には向いてない
  • 「バリュープラス」は平日12時台に通信速度が低下

  • 料金プラン
NUROモバイルのプラン
出典:NUROモバイル公式サイト
公式サイト NURO Mobile

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)

関西電力グループが運営する格安SIMです。

mineoユーザ同時でギガを分け合えるなど他社とは一線を画するサービスを展開。

月385円追加するだけで、ギガ使い放題となる「パケット放題Plus」はコスパ抜群。

逆に言うと、オプション「パケット放題Plus」を付けないと、割高な感じですね。

ポイント

  • オプションの「パケット放題Plus」を付ければ、月額料金1,700円でデータ使い放題(通信速度は控えめですが、日常使いで問題なし)
  • 公式サイトで「ネットワークお天気情報」を見れば、通信の混雑状況がひと目で分かる
  • 3キャリア対応なので、今使っているスマホがそのまま使える

デメリット

  • 平日12時台に通信速度が低下
  • オプション「パケット放題Plus」を付けないと、他社より割高
  • オンライン専用プランなので、チャットでの問い合わせが苦手な人には向いてない

  • 料金プラン
mineo(マイネオ)のプラン
出典:mineo公式サイト
パケット放題Plusの料金
出典:mineo公式サイト

公式サイト mineo(マイネオ)

BIGLOBEモバイル

KDDIグループが運営する格安SIMです。

申込みから1年間の月額料金は安いのですが、2年目以降は高くなります。

平日12時台の通信速度も安定しておらず今後の躍進に期待、という感じです。

オプションの「エンタメフリー」が目玉。YouTubeのヘビーユーザにはおすすめ。

ポイント

  • オプションの「エンタメフリー」を付ければ、YouTubeや音楽配信サービスのギガ消費なし。

デメリット

  • 平日12時台に通信速度が低下
  • オンライン専用プランなので、チャットでの問い合わせが苦手な人には向いてない
  • 2年目以降、月額料金が高くなる

  • 料金プラン
出典:BIGLOBEモバイル公式サイト

公式サイト BIGLOBEモバイル

donedone

donedone(ドネドネ)

KDDIグループが運営する格安SIMです。

他社にはない大容量プランがあります。しかも安い。

通信速度を実利用でギリギリ困らないところまで落とし、その分、使えるギガを大容量となってます。

ポイント

  • 実用ギリギリな通信速度で、大容量データが使える
  • 平日12時台の通信速度は安定
  • 社会貢献ができる(月額料金のうち50円が寄付にあてられる)

デメリット

  • オンライン専用プランなので、チャットでの問い合わせが苦手な人には向いてない

  • 料金プラン
donedone(ドネドネ)のプラン
出典:donedone公式サイト
公式サイト donedone

格安SIM選びの3つのポイント

格安SIM選びの3つのポイントは以下になります。

  • 店舗でのサポートが必要か?
  • 平日12時台にスマホを使うか?(格安SIMは平日12時台に通信速度が遅くなる傾向あり)
  • 毎月どのくらいデータ使ってるか?
  • この記事を書いた人
レバレジ

レバレジ

「レバレッジを効かせた生活」をテーマに情報発信。 2013年から格安SIMを利用。以後、1年に1回は格安SIMを乗り換え、お得で品質良い格安SIMを求め日々情報収集。 4人家族でスマホ通信費は月3,544円。

-選ぶ