ソフトバンク「スマホデビュープラン+(ライト4GB)」とLINEMO「ミニプラン」を比較してみた

ソフトバンクから「スマホデビュープラン+」が発表されました。今までのソフトバンクのプランと比べるとリーズナブル。ですが、LINEMOと比べるとどうでしょうか。

この記事では、「スマホデビュープラン+(ライト4GB)」と「LINEMOミニプラン」のプラン内容や年単位での総支払額、キャンペーン内容を比較してみました。

結論を言ってしまうと、LINEMOミニプランのほうがおトクでした。

もくじ

プラン内容を比較

両プランともにソフトバンクが運営しているので、通信品質の差はありません。

一方、サポート面ではLINEMOミニプランはオンライン専用プランとなっているため、店舗でのサポートは受けられません。

以下、プラン内容の比較になります。

スクロールできます
スマホデビュープラン+
ライト4GB
LINEMO
ミニプラン
運営会社ソフトバンクソフトバンク
月額基本料金1~13ヵ月目:1,078円
14ヵ月目~:2,266円
1~13ヵ月目:990円
14ヵ月目~:990円
データ容量4GB3GB
繰り越し非対応非対応
容量超過時の速度制限128kbps300kbps
追加データ購入0.5GBあたり605円
1GBあたり1,100円
0.5GBあたり550円
通話料30秒あたり22円30秒あたり22円
通話オプション5分かけ放題:月880円
完全かけ放題:月1,980円
5分かけ放題:月550円
完全かけ放題:月1,650円
テザリング月550円無料
カウントフリーなしLINE
契約事務手数料3,300円無料

支払額(年単位)を比較

使えば使うほど、LINEMOのほうがおトクです。

スクロールできます
スマホデビュープラン+
ライト4GB
LINEMO
ミニプラン
1年目12,936円11,880円
2年目26,004円11,880円
3年目以降27,192円11,880円

スマホデビュープラン+の適用条件がめっちゃ分かりずらい

新規契約の場合

ソフトバンク公式サイトに適用条件が記載されています。一部抜粋したのですが、ぱっと見わかりずらいですよね。私は繰り返し読み込みました。。

2020年9月16日以降の新規契約(のりかえ(MNP/番号移行)は含まず)において「データプラン4GB(スマホ)」「データプラン20GB(スマホ)」「データプラン4GB(ケータイ)」「データプラン3GB(スマホ)」または「データプラン3GB(ケータイ)」に加入した際の使用者として指定されたことがある方を、再度使用者として新規契約で「データプラン4GB(スマホ)」に加入することはできません。

引用元:ソフトバンク公式サイト
簡潔にまとめると

下記2つの条件を満たせばOK!

  1. 使用者が5~22歳(5歳と22歳も含む)
  2. 2020/9/16以降「データプラン」なんちゃらというプランの使用者になったことがない

他社からの乗り換え(MNP)の場合

  • 他社(ワイモバイルやLINEMOも含む)のガラケー・キッズケータイを使っていること
レバレジ

他社のスマホを使っている人は対象外。注意です。

機種変更の場合

  • ソフトバンクで購入しいたガラケー・キッズケータイを使っていること

【注意】スマホデビュープラン+で併用できない割引サービス

併用できない割引サービス
  • おうち割 光セット
  • 長期継続特典
  • 新みんな家族割
  • データ増量特典

キャンペーンを比較

キャンペーン内容はLINEMOのほうが充実しています。

スクロールできます
スマホデビュープラン+
ライト4GB
LINEMO
ミニプラン
60歳以上通話おトク割
完全かけ放題が1,980円→880円
5分以内かけ放題:550円→無料(1年間)
完全かけ放題:1,650円→1,100円(1年間)
LINE MUSICが980円→無料(6ヶ月間)
PayPayポイント990円×8ヶ月間プレゼント

まとめ

オンラインでの申し込みやサポートに抵抗がなければ、断然LINEMOミニプランをおすすめします。

この記事を書いた人

格安SIM歴8年のITエンジニア兼ブロガーです。「必要なモノに必要なだけ払う」をモットーに情報発信します。

もくじ