【8/31まで】データ通信も通話も「ホーダイホーダイ割」 ≫mineo公式サイトで確認する

【初めての格安SIMに最適】UQモバイルなら失敗しない【評判も徹底調査】

もくじ

初めての格安SIMに最適!

UQモバイルはJ.D.パワー「2021年 携帯電話サービス顧客満足度調査(SM)バリューキャリア部門」の総合満足度1位に輝きました。auと同等のサービスでありながら、格安SIM並の低料金を実現しています。サポート体制も万全なので、初めての格安SIMに最適です。

今なら公式サイトからの申し込み限定で 「iPhone同時購入で最大5,000円相当還元( au PAY残高 )」や「 SIMのみ購入で最大10,000円相当還元(au PAY残高)」など キャンペーン中です。このチャンスをお見逃しなく!

UQモバイルが選ばれるたった1つの理由!

大手キャリア品質で格安SIM料金!

auと変わらない高い通信品質でいながら格安SIM料金を実現しています。この理由1つだけでUQモバイルを選ぶ価値あり!サポート体制が充実しているので、初めての格安SIMにピッタリです。

UQモバイルのサービス概要

くりこしプランS+5G くりこしプランM+5G くりこしプランL+5G
運営会社UQコミュニケーションズ←と同じ←と同じ
データ容量3GB15GB25GB
月額料金1,628円 2,728円3,828円
家族割無し ←と同じ ←と同じ
自宅セット割638円割引き←と同じ858円割引
データ容量繰り越し可能 ←と同じ ←と同じ
データ容量超過時の速度300kbps1Mbps←と同じ
通話22円 / 30秒←と同じ←と同じ
通話無制限かけ放題月60分の通話:550円
10分かけ放題:770円
完全かけ放題:1,870円
←と同じ←と同じ
テザリング無料 ←と同じ ←と同じ
eSIM対応 ←と同じ ←と同じ
5G対応 ←と同じ ←と同じ
店舗サポート有り←と同じ←と同じ
契約事務手数料3,300円 ←と同じ ←と同じ
解約手数料無料 ←と同じ ←と同じ
MNP転出手数料無料←と同じ←と同じ
レバレジ

いまなら公式サイトからの申し込み限定で「iPhone同時購入で最大5,000円相当還元( au PAY残高 )」や「SIMのみ購入で最大10,000円相当還元(au PAY残高)」などキャンペー中です。かなりお得な内容となっているのでお見逃し無く!

UQモバイルはどこで申し込むのがお得か?

UQモバイルはどこで申し込んでも月額料金やオプション料金は同じです。

そこで、UQモバイルをどこで申し込めば、一番早く・お得(キャンペーン)にできるかを徹底調査しました。

その結果、公式サイト からの申込みが一番お得と分かりました。

オンライン限定のキャンペーンが盛りだくさん。スマホ同時購入の方もSIMのみ方も大変お得です。

店舗でも申し込めますが、お得なキャンペーンが受けられないので公式サイトからの申し込みを断然おすすめします。

UQモバイルの評判

レバレジ

良い評判をまとめると「大手キャリアと比べて料金が格段に安くなった」「スマホに詳しくない方でも、手厚いサポートのおかげで無事使えるようになった」「速度制限モードでもそこそこ速いのでYouTube視聴OK!」といったものでした。

一方、悪い評判は「プランのバリエーションが不足」「家族間の無料通話がない」といったものでした。

UQモバイルのよくある質問

auメール(@au.com | @ezweb.ne.jp)は使えるの?

はい、 使えます。月額料金は別途330円かかります。申し込みタイミングには注意が必要ですので、詳しくは「【徹底解説】キャリアメール持ち運びの利用条件|注意点(ドコモ|au|ソフトバンク)」をご覧ください。

コース変更はできるの?

はい、できます。適用はタイミングは翌月1日からとなっています。

対応機種は?

auで購入したスマホや、他社で購入したiPhone(SIMロック解除済み)であれば使えます。詳しく公式サイトの対応端末一覧をご覧ください。

eSIMには対応しているの?

はい、eSIMに対応しています。

月途中で契約した場合、月額料金はどうなるの?

日割りになります。

使わなかったデータは翌月に繰り越しできるの?

使わなかったデータは翌月に繰り越しできるの?

1Mbpsに速度制限された場合、アプリの使用感はどれくらい変わるの?

Instagramなど高精細な画像を扱うアプリの使用感は落ちます。具体的には、検索画面のサムネイル画像がパラパラと順次表示される感じです。それ以外のアプリは大きく使用感が落ちることはなさそうです。

豆知識

サブブランドとは
サブブランドとは、企業がメインのブランドと異なる商品やサービスを展開する際に用いるブランドです。各業界のサブブランドを紹介します。携帯電話業界では「auのサブブランド=UQモバイル」「ソフトバンクのサブブランド=ワイモバイル」。洋服業界では「ユニクロのサブブランド=gu」。車業界では「トヨタの上級ブランド=レクサス」。

大手キャリアがサブブランドを立ち上げるワケは?

大手キャリアの価値と収益を守りつつ、ユーザー獲得の幅を広げるため。大手キャリアがサブブランドと同じ料金のプランを提供したら、ユーザーは低料金プランに流れてしまいます。その結果、大手キャリアの収益を圧迫する可能性があります。さらには、MVNO(格安SIM)に対抗して低料金を求めるユーザーを獲得するためにサブブランドが必要となっています。

追伸:ドコモはサブブランドを立ち上げず、ドコモのオンライン専用プランとしてahamoを提供しています。

UQモバイルは初めての格安SIMにピッタリ!

UQモバイルは、大手キャリアの通信品質でいながら格安SIM料金を実現しています。それはそのはずで、通信品質・料金・店舗サポートが万全です。格安SIMが不安な方でも安心して乗り換えられます。 今なら公式サイトからの申し込み限定で 「iPhone同時購入で最大5,000円相当還元(au PAY残高)」や「SIMのみ購入で最大10,000円相当還元(au PAY残高)」など キャンペーン中です。このチャンスをお見逃しなく!

この記事を書いた人

格安SIM歴8年のITエンジニア兼ブロガーです。「必要なモノに必要なだけ払う」をモットーに情報発信します。

もくじ
閉じる