【実体験レビュー】Catchy(AIライティングツール)を使ってみた正直な感想

TwitterでAIライティングツールが話題になっていたので、興味本位で使ってみました。

日本語に対応していてメジャーなツールは「Catchy」とのこと。

というわけで、早速、「Catchy」を使ってみました。

無料プランでもなんとなくの雰囲気は感じ取ることが出来ます。

自分にとって本当に使えるツールなのか?それとも使えないのか?までは判断出来なかったので、1ヶ月限定でProプランを申し込んでみました。

この記事では、Catchyを実際に使ってみて、AIライティングが「どんな文章に向いているのか?」「AIにどんな指示を与えれば思い通りの文章が返ってくるのか?」をお伝えします。

この記事の内容(タップで移動)

Catchの概要

とにかく文章に関するものであれば、かなり広い用途に使えそうです。

テレビでも紹介されたこともあり、会員数は20,000人を突破しています。

導入企業を着々と増やしているようで、日本におけるAIライティングツールのトップシェアが取れそうな勢いです。

料金プランは以下の通り。無料プラン、月3,300円~10,780円となっています。

公式サイトの料金は税抜き表示になっているので注意です。

【ぶっちゃけレビュー】CatchyのProプランを実際に使ってみた感想

私はブログで格安SIMのレビュー記事をメインで書いています。Catchyで「どこまで楽できるか?」をワクワクしながら検証してみました。

今ひとつだった点

レビュー文章には不向き

実際に使ってみての感想など人の感情を表現するのは苦手なようです。

たとえば、以下のような表現です。

  • この商品、マジおすすめです!」
  • この商品、実際に使ってみて本当に良いと思いました!」

ツールが多すぎて迷子になる

目的に応じたツールバーがあるのですが、どのツールを選んでいいのか分からなかったです。

私の場合、ブログ記事執筆が目的なので「記事制作」や「文章作成」あたりを選んでみました。

さらに、似通ったツールが複数あり、違いが分からず。

たとえば、「文書のリライト」というツールが、記事制作メニューと文章作成メニューの両方にあります。

カジュアルな文章は期待できない

生成する文章に対して「文章の雰囲気」が指定できます。指定できるのは「丁寧」「カジュアル」「大胆」の3つから選べます。


私のブログのテイストを考え「カジュアル」を指定してみましたが、あまりカジュアルではありませんでした。「丁寧」「カジュアル」「大胆」の見分けがつかず。。。まだ(β版)だから??

試しに「短文を長文に」というツールで、比較してみました。

入力した短文:文書を上手に書く方法。

「丁寧」

カジュアル

大胆

良かった点

キャッチコピーは使えそう

キャッチコピーなど、比較的短い文章は結構イケてます。

試しに、この記事のタイトル「【実体験レビュー】Catchy(AIライティングツール)を使ってみた正直な感想」を入力してみました。

生成されたキャッチコピーは以下です。いい感じですよね。

ネタのきっかけを掴める

記事のネタが思い浮かばない時に使えそうなのが「質問に答える」です。

Catchyに質問すれば、答えてくれます。

指示する文章にしっかり意図を含めれば、質の高い文章が返ってくる

Catchyに入力する文章に意思があれば、しっかり答えてくれる印象です。

逆に言えば、適当に入力した文章に対しては、意図に合わない文章が返ってきます。

この辺は人間と同じですね。。。

有料プランの解約操作はちょっとわかりずらい

AIライティングがどんなものか、を体感したいため、とりあえずProプランを1ヶ月使いました。

何もしないと自動更新されてしまうので注意です。

とりあえず1ヶ月だけ使ってみたい、という人は解約手続きを忘れないようにしましょう。早めに解約手続きをしても、1ヶ月間はしっかり使えるので安心してOKです。

ただ、解約手続きページが分かりずらい所にあったので、シェアします。

「領収書発行」という項目にあるボタンから、解約手続きページに遷移します。

Catchyの解約手続きページ

Catchyが向いている人

Catchyを使い込んできました。その結果、以下のような人にはCatchyを使えば無限の生産性が得られると感じました。

  • 文章量が少なくて悩んでいる人
  • キャッチコピーやブログ記事タイトルを考えるのが苦手な人
  • ブログを書くネタに困っている人

まとめ

世の中に、AIライティングが浸透するのは時間の問題です。

一足早くAIライティングツールに触れておけば、ライバルとの差を決定的なものに出来ます。

これからの時代、AIツールをいかに使いこなすかが人生の分かれ目です。

一足早くAIライティングツールに触れて、AIライティングの先駆者になりましょう。

先行者利益を得るためには早ければ早いほうがいいです。先行投資しておけば、後々、自分の資産になるはずです。安い先行投資だと思いませんか?

Catchyは日本語対応していますし、登録者数も多いので安心して使えます。

\ 無料プランならクレジットカード登録不要/

\ いつでも解約OK!/

この記事を書いた人

2014年から格安SIMを利用(9年間)|4人家族のスマホ代合計 = 月3,260円|実際に使ったSIMの使用感を正直にお伝え

この記事の内容(タップで移動)