格安SIMを始める

【実はメリットが大きい】小学生にスマホは早い?【いや早くない】

小学校高学年になると周囲の友達がスマホを持ち始めているようだし、うちの子もそろそろ持たせたほうがいいのかな?

といったお悩みを解決します。

 

と、その前に自己紹介させてください。

この記事を書いた人

 

かつて我が家も同じ悩みを抱えていました。

その時は、私が使っていたお古のiPhoneを渡し、iPhoneにとある設定をしました。

これにより「親にとっては安心」「子供にとっては安全」なスマホ生活が送れています。

 

世間ではデメリットの声が大きいですが、実はメリットも大きいのです。

この記事でその理由をお伝えします。

子供にスマホを持たせるか否かの判断材料にもらえると幸いです。

 

小学生のスマホ利用率

 

レバレジ

小学生のスマホ利用率がどのくらいか知ってますか?

 

53.1%です。

 

2018年から2019年にかけて飛躍的にあがってます。

「2018年は23.0%」だったものが「2019年は45.9%」に跳ね上がりました。

 

その1年で何かありましたっけ?

私は思い当たることはないのですが、みなさんはどうですか?

 

出典:内閣府 「青少年のインターネット利用環境実態調査」

 

子供にスマホを持たせるデメリットとその向き合いき方

デメリットはいっぱいありそうですね。

でも、そのデメリットを回避・低減する方法がありますのでお伝えします。

 

考えられるデメリットは以下にあげる内容かと思います。

  • スマホに依存
  • 怪しげなアプリを勝手にインストール
  • SNSでのトラブル
  • 毎月のスマホ代が増える

 

では、それぞれのデメリットに対する向き合い方をお伝えします。

 

子供がスマホに依存

大人でさえスマホ依存が問題となってますよね。

そんな状況なのに子供がスマホ依存を回避することができるのでしょうか?

 

レバレジ

できますよ。

 

どうやって回避するかというと

スマホを使える時間を制限する

です。

 

でも、時間を制限したところでそんなルールは守れないでしょ?

当然、といった疑問がでますよね。

 

その回答は

iPhoneではあらかじめ設定された時間になると強制的に使えないようする

です。

でもそれだと、いざという時連絡取れなくなるのが心配なんだけど?

安心してください。

iPhoneでは特定のアプリ(電話など)だけを時間制限の対象外にすることができます。

 

口頭ルールではなく機械的にスマホ使用時間を制限することにより、子供のスマホ依存を低減できるかと思います。

 

子供が怪しげなアプリを勝手にインストール

 

レバレジ

あるあるですね。

 

「怪しげなアプリを勝手にインストールし、知らぬ間に個人情報が盗まれていた」なんてことです。

これも機械的な仕組みで回避できます。

 

iPhoneなどのApple製品では「ファミリー共有」という仕組みがあります。

この「ファミリー共有」を使えば、子供が勝手にアプリをインストールすることができなくなります。

 

それってどういう仕組みなの?

お答えします。

簡単にいうと「子供のiPhoneにアプリをインストールするには、親のiPhone上で許可が必要」といった仕組みです。

 

具体的なアプリインストールの流れは

  • 子供が、App Storeでインストールしたいアプリを選ぶ。
  • そうすると保護者に許可を求めるかどうか?を聞かれる。
  • 許可を求めなければ、インストールはされない。
  • 許可を求めれば、親のiPhoneにインストール可否を求める通知が届く。
  • ここでOKすれば、子供のiPhoneでインストールが開始される。

といった感じです。

 

つまり、アプリのインストールを親の許可制にすることで、怪しげなアプリの利用を防ぐことができます。

 

子供のSNSでのトラブル

 

レバレジ

残念ながら、LINEを含めたSNSでのトラブルは機械的な仕組みによる解決は難しいです。

 

これに関しては、コミュニケーション相手との考え方の相違や人間の感情が入ってくるので。

 

とはいえ、何も対策が無いわけではありません。

 

親が「LINEやSNSでのやり取りを見ているよ」という姿勢を見せることです。

具体的には、

  • 1日1回は親がスマホをチェックする
  • パソコン等からSNSへログインし、SNSでのやり取りを参照できるところ子供に見せる

などです。

 

このやり方は賛否両論あるかと思います。

年齢が上がるにつれ嫌がる子供も出てくるでしょう。

そのあたりは子供成長に合わせ、対応を変えていくのが良いと思っています。

 

我が家では、最初にスマホを渡すときには厳し目のルールを設定し、次第にルールを緩和していくやり方がよいと考えています。

あなたは考えはどうでしょうか?

 

毎月のスマホ代が増える

 

レバレジ

毎月のスマホ代は心配不要です。

 

格安SIMであれば「月1,000円以内」にすることができます。

 

月1,000円以内であれば、格安SIMの選択肢は結構あります。

 

イチオシは「nuroモバイル」。

料金がめちゃ安く、品質も十分、提供元がソニー系、と安心して契約できます。

しかも、お下がりのiPhoneがドコモでもauでもソフトバンクでもOK。

プランは「VSプラン3GB 音声通話付き」が月額792円!

データ容量が3ギガもあれば十分です。

 

公式サイトをチェック

いまなら、登録事務手数料の3,300円が0円!

通信量に合わせた価格設定!nuro mobile

 

もし、お下がりのiPhoneがなければ、Amazon整備品で安くゲットできます。

Amazon整備品とは

  • 新品同様の再生品
  • 出品者による180日の返品保証付き

 

特におすすめ機種は「iPhone SE(第2世代)」。

価格が安く、スペックも十分。さらにeSIM対応で将来性ありです。

 

子供にスマホを持たせるメリット

最初はデメリットに目が行ってしまいがちですよね。

我が家もそうでした。

ですが、最終的にはデメリットを上回るメリットがあり、逆に今では子供からスマホを取り上げるのは親として心配となっています。

 

その理由は以下の2つ。

  • 子供の居場所を把握できる
  • いつでも連絡がとれる

 

子供の居場所を把握できる

まず、子供のiPhoneを「ファミリー共有」のメンバーに含めてください。

そうすれば、いつでも親のiPhoneから子供の居場所を把握できます。

居場所の特定はリアルタイム性も十分です。

なんとこれが無料なのです。

小学校高学年になると、習い事や塾で1人で外出する機会が増えますよね。

そういったときに、親にとっては予想以上に安心することができます。

 

いつでも連絡がとれる

「いつでも連絡が取れる」手段があると安心ですよね。

我が家の場合、子供から連絡してくるケースは少なく、親から連絡するケースが多いです。

このメリットも親側にとって大きいです。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

子供にスマホを使わせることは一概にデメリットだけではありません。

親としてデメリットに対する考え方や対応をしっかり考え、デメリット以上のメリットを受けることが可能です。

 

その上で家計に優しい格安SIMが賢い選択をしませんか?

 

改めてになりますが、

イチオシは「nuroモバイル」。

料金がめちゃ安く、品質も十分、提供元がソニー系、と安心して契約できます。

しかも、お下がりのiPhoneがドコモでもauでもソフトバンクでもOK。

プランは「VSプラン3GB 音声通話付き」が月額792円!

データ容量が3ギガもあれば十分です。

 

公式サイトをチェック

いまなら、登録事務手数料の3,300円が0円!

通信量に合わせた価格設定!nuro mobile

  • この記事を書いた人
レバレジ

レバレジ

「レバレッジを効かせた生活」をテーマに情報発信。 2013年から格安SIMを利用。以後、1年に1回は格安SIMを乗り換え、お得で品質良い格安SIMを求め日々情報収集。 4人家族でスマホ通信費は月2,000円。

-格安SIMを始める

© 2021 レバレジ Powered by AFFINGER5