学ぶ

【図解】ざっくり格安SIMを理解する

 

・そもそも格安SIMって何?ドコモとかauと何が違うの?

・格安SIMにすると何が良くなるの?

・格安って聞くと、何かしらデメリットや落とし穴がありそう。

・格安SIMって何となく怪しそう。実際どんな会社があるの?

 

そんな疑問を解決します。

 

本記事の内容

格安SIMが安くサービス提供できる理由

格安SIMの一番のメリット・デメリット

安心して契約できる格安SIM会社

 

この記事を書いた人

 

確かに、初めて格安SIMに乗り換える時は不安になりますよね。

2014年、私も疑心暗鬼になりながら格安SIMへ乗り換えました。

結果、その不安は杞憂に終わりました。

今となっては月3,000円以上スマホ代を払うことは考えられません。

 

この記事は

格安SIM初心者の方が、見出しと図をさらっと見るだけでもイメージできる

構成になっています。

 

お気軽にごらんください。

 

本記事を読むことによって、格安SIMへの乗り換えのきっかけになれば、毎月のスマホ代が安くなりますよ。

 

そもそも格安SIMとは?

格安SIMの概要

 

格安SIMとは

ドコモやau・ソフトバンクなどの携帯電話会社から通信設備を借りて、利用者に安く携帯サービスを提供してくれる会社の総称

 

ちょっと堅苦しい表現でした。

 

わかりやすく一言でいうと

自前で通信設備や店舗を持たないので、その分、格安でサービスしてくれる会社

 

格安SIMにすると良くなることは「毎月のスマホ代が安くなる」

格安SIMのメリット

 

どれくらい安くなるか?というと大体、以下の感じです。

  • 使うのはメールかLINEぐらいしか使わない、といった方は500円~1,000円
  • YouTubeとかの動画がたくさん観る、といった方は3,000円
  • まぁ普通の使い方かなぁ、といった方は1,500円

 

加えて、格安SIMに乗り換えることで自然に身についていることがあります。

格安SIMの副次的なメリット

それは

  • 周りの人に格安SIMを進めることができる
  • 自分で調べる力がつく

 

格安SIMの最大の注意点(デメリット)は携帯電話会社のメールが使えなくなる

格安SIMのデメリット

 

携帯電話会社のメールアドレスが使えなくなります。

ですので、Gmailなどのフリーメールに切り替えることをオススメします。

そうすれば、一生、携帯電話会社に縛られませんよ。

 

格安SIMの会社はたくさんあるけど、結局は4社

格安SIMの会社数

格安SIMの会社数は500社以上もあります。

通信速度や月額料金もピンきり。

 

そんなに数があると選べない、となりますよね。

安心してください。選択肢は4社に絞れます。

 

人気のある格安SIM会社はユーザ満足が高いです。

ですので、それらの会社を選んでおけば、失敗する可能性は低いです。

 

具体的には

  • OCNモバイルONE
  • BIGLOBEモバイル
  • mineo(マイネオ)
  • IIJmio

あたりですね。

 

おわりに

格安SIMのこと、ざっくり理解できましたか?

 

まとめると

  • 格安SIMとは「自前で通信設備や店舗を持たず、その分、格安でサービスしてくれる会社」
  • 格安SIMに乗り換えれば「毎月のスマホ代は1,000円〜3,000」
  • 格安SIMの最大の注意点は「携帯電話会社のメールアドレスが使えなくなる」

 

さあ、次のステップは

【忘れると後で大変】格安SIM申し込む前に終わらせておこう

です。

  • この記事を書いた人
レバレジ

レバレジ

「レバレッジを効かせた生活」をテーマに情報発信。 2013年から格安SIMを利用。以後、1年に1回は格安SIMを乗り換え、お得で品質良い格安SIMを求め日々情報収集。 4人家族でスマホ通信費は月2,000円。

-学ぶ