LINEMOとahamoの違いを徹底比較!

この記事を読んでいるあなたは「LINEMOとahamo、どっちにするか迷っている」状態かと思います。

このLINEMOとahamoの比較記事を読むことで、どっちが自分にピッタリなのか判断できるようになります。

どちらも大手キャリアのオンライン専用プラン。通信品質や月額料金もそんなに変わらなそうだし、決定的な差は無いように見えます。

だからといって、いまソフトバンクを使っているからLINEMO、ドコモを使っているからahamo、なんて安易に考えてませんか?

その考えは危ないです。実は違いが結構あります。

詳しくは本文でお伝えしますが、主な違いは以下になります。

LINEMO
ahamo
  • 小~中容量
  • 基本料金が2,728円
  • 通話し放題が別料金
  • LINEがカウントフリー
  • 中~大容量
  • 基本料金が2,970円
  • 5分以内通話し放題が無料
  • 海外ローミングが無料

ちなみに私は外でスマホを使う機会が少ないので、LINEMOのミニプラン(3GB:月990円)を使っています。

この記事の内容(タップで移動)

料金プラン

LINEMOは3GBと20GBのプラン構成となっています。一方、ahamoは20GBと100GBのプラン構成。

実はしっかりとターゲット層が分かれています。

  • ライトユーザはLINEMO
  • ヘビーユーザはahamo

唯一競合するのはミドルユーザ向けの20GBプランのみ、となっています。

スクロールできます

ラインモ

アハモ
3GB990円(プランなし)
20GB2,728円2,970円
100GB(プランなし)4,950円

月額料金(20GB)はahamoのほうが242円高いです。これには理由があります。

ahamo(20GB)が242円高い理由

ahamoは、5分以内の通話料金が無料

LINEMOだと、5分以内の通話し放題はオプションとなっていて、月550円が別でかかります。(現在キャンペーン中で1年間は無料となっています)

店の予約などの短い通話をちょこちょこする人はahamoがオトクです。

独自サービスがあるのはLINEMO

LINEMOには、LINEアプリで発生するデータ通信が無制限に使える「LINEギガフリー」が無料です。

もし、他のアプリでデータ容量を使い切ってしまい速度制限された状態でも、LINEアプリだけは快適に使えます。

対象機能はLINEのトークや音声通話はもちろん、ビデオ通話も対象です。さらには、VOOMやLINEニュースなどのエンタメ系もOK、という大盤振る舞い。

LINEをよく使う人には嬉しいポイントです。

一方、ahamoには独自サービスと呼べるものはありません。。。

通信エリア・5G対応・eSIM対応

LINEMO、ahamoともに大手キャリアが直々に運営しているので、通信品質は折り紙付きです。どちらを選んでも電波や速度の心配はいりません。

スクロールできます

ラインモ

アハモ
通信エリアソフトバンクと同じドコモと同じ
5G対応ソフトバンクと同じドコモと同じ
eSIM対応対応対応

違いがあるのは、物理SIMやeSIMの再発行手数料です。LINEMOは全て無料です。一方、ahamoは物理SIMの発行手数料が1,100円かかります。

スクロールできます

ラインモ

アハモ
物理SIM
(再発行手数料)
0円1,100円
eSIM
(再発行手数料)
0円0円

音声通話料・かけ放題オプション

通話料金は同じですが、かけ放題オプションに差があります。

ahamoは5分以内の通話であればかけ放題が0円です。店の予約など短めの通話が多い人はahamoのほうが安くすみます。完全かけ放題もahamoのほうが安いです。

スクロールできます

ラインモ

アハモ
通話料22円 / 30秒22円 / 30秒
5分以内通話かけ放題
オプション
550円
(1年間は0円)
0円
完全かけ放題
オプション
1,650円
(1年間は1,100円)
1,100円

キャンペーン

一番気になるのはキャッシュバックですよね。LINEMOなら「他社からの乗り換え」だけでなく「新規契約」でもPayPayポイントがもらえます。

スクロールできます

ラインモ

アハモ
キャンペーンPayPayポイント10,000円相当
(他社からの乗り換え)

PayPayポイント3,000円相当
(新規契約)

LINE MUSIC6ヶ月無料
dポイント10,000円相当
(他社からの乗り換え)

家族割

LINEMO、ahamoともに家族割はありません。

端末の販売

端末の販売があるのはahamoです。機種は少ないですがiPhoneもあります。

LINEMOは端末販売がないので、自力で準備しましょう。

サポート体制

LINEMO、ahamoともにオンラインでのサポートとなります。

ただ、ahamoは有料になりますが、ドコモショップでのサポートを受けられます。

海外ローミング

ahamoは海外ローミングが無料で使えます。LINEMOは有料となります。

LINEMOとahamo、結局どっちを選ぶべき?

LINEMOとahamoの特徴をまとめると以下になります。ポイントになるのは、使うデータ容量と音声通話をつかうかどうか、になります。

LINEMO
ahamo
  • 小~中容量
  • 基本料金が2,728円
  • 通話し放題が別料金
  • LINEがカウントフリー
  • 中~大容量
  • 基本料金が2,970円
  • 5分以内通話し放題が無料
  • 海外ローミングが無料

この記事を書いた人

2014年から格安SIMを利用(9年間)|4人家族のスマホ代合計 = 月3,260円|実際に使ったSIMの使用感を正直にお伝え

この記事の内容(タップで移動)