格安SIMを始める

LINEMOミニプランを徹底解説!メリット|デメリット|他社との違い

 

あなたが毎月払っているスマホ代、もしかしたら払い過ぎかもしれません

 

スマホ代は「払い過ぎ」というか「高い」とは思ってた。

けど、格安SIMにしたらどれぐらい安くなるか想像がつかない。。。

 

そうですよね。

格安SIM業者はたくさんあるし専門用語が多いので、そもそも格安SIMについてどこから調べたらいいのかわからないですよね。

その結果「格安SIMにしたら実際にどのくらい安くなるか想像できない」となるのも当然です。

 

まずは、大手キャリアとLINEMOの月額料金の内訳イメージをお伝えします。

内訳を知れば、格安SIMにしたらどれくらい安くなるかバッチリわかりますよ。

 

ソフトバンクの料金プラン(ミニフィットプラン+)を見て衝撃を受けました。

 

LINEMO ミニプランと同じデータ容量(3ギガ)の月額料金が、5,478円だったのです。

これ、LINEMOミニプランの5.5倍です。

光回線のセットだと4,378円まで下がりますが、それでも4.4倍。

 

利用者からみた月額料金の内訳イメージはこんな感じです。

 

店舗サポートに月額3,980円相当を支払ってる、と考えることができますよね。

店舗サポート費を1回3,300円で換算すると、月1回以上、店舗サポート受けている方は損しない計算となります。

 

補足店舗サポート費を1回3,300円で計算した理由
ドコモのオンライン専用プラン「ahamo」が店舗での有償サポートをしていて、その費用が1回3,300円となっています。(いまのところ、LINEMOは有償サポートはありません)

 

ですが、どうですか?

毎月、店舗に行ってサポート受けてますか?

 

うーん、契約する時と解約する時だけ、、、かな。

 

ですよね。

ほとんどの方が、契約時と解約時にしか店舗に行かない人が多そうな気がします。

残念ながら払い過ぎです。

 

。。。

 

ということは「店舗に行っていない月は、店舗サポート代を無駄に支払っていただけ」ということなの?

 

はい、残念ですがその通りです。

 

。。。

 

今まではスマホ代を払い過ぎでしたが、これからは自分に必要なものしっかり見極めて、必要なだけスマホ代を払うようにしましょう。

 

いやいや、必要なものをしっかり見極める重要性はわかるけど、その「必要なもの」が何かがわからないのです

 

そうですよね。

「必要なもの」って言われても、今まで当たり前のようにサービスを受けていて、そのサービスに対する対価を支払って来たのですから「必要なもの」がとっさに出てこないのも当然です。

 

ですので、こう考えましょう。

 

「必要なもの」ではなく、「妥協できるもの」が何か?をはっきりさせる

 

格安SIMは極限までコスト削減しているので、店舗サーポートが無かったり、通信が混みあう時間帯があったり、など利用者側で妥協すべき点が明確です。

 

その妥協点が許容できれば、格安SIMに乗り換えれば節約の効果は抜群です。

 

許容できなければ、今のまま大手キャリアを使い続けてゴージャスな生活を続けましょう。

 

ゴージャスな生活なんかできる状況じゃない。。。

 

そんな中、LINEMOミニプランが始まりました。

このLINEMOミニプラン、妥協点が他の格安SIMに比べて少ないのがポイントです。

 

ライトユーザにとっては最終形態といえるほど文句なしのプランです。通信速度が速く、それでいて格安。

 

この記事では、LINEMOミニプランの妥協点(デメリット)をお伝えしますので、その妥協点が許容できるか否か、確認してみてください。

では、いきなりですがその妥協点(デメリット)をお伝えしてします!

 

  • 外でスマホを使う時、InstagramやYouTubeをあまり使わない
  • セット割(家族割や光回線セット割)は使わない
  • 店舗でのサポートは不要
  • キャリアメールアドレス(@docomo.ne.jp | @au.com | @softbank.ne.jp)は不要

 

どうですか?

妥協点(デメリット)を許容できそうであれば、LINEMOミニプランに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

 

許容できそうなんだけど、もう少しLINEMOミニプランについて知ってみたい

 

それはそうですよね。

いざ申し込みとなると以下のような疑問がわくと思うので、この記事ではそんな疑問に答えます。

 

疑問

  • びっくりする程安いけど、なにか落とし穴があるのでは?
  • 他社との違いは?

 

と、その前に自己紹介させてください。

この記事を書いた人

 

いまなら、PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン中!LINEMO

公式サイトLINEMO

 

LINEMO ミニプランを徹底解説!メリット|デメリットも

 

テレビCMでもおなじみのLINEMOは、ソフトバンクとLINEの融合により唯一無二のサービスを提供しています。

今までは大容量(20ギガ)のスマホプランのみでしたが、小容量(3ギガ)で低価格のミニプランを出してきました。

 

ミニプランについてザックリ教えて欲しいな

 

はい、せっかくですのでミニプランだけではなく、大容量のスマホプランと比較しながらお伝えします。

 

ざっと見た感じの大きな違いは

  • データ量超過後の通信速度

ですね。

 

ミニプランだと「300kbps」って書いてあるけど、これだと遅いの?

 

遅いことは確かです。

 

ですが、メールやLINEメッセージ、音楽やラジオを聴く、といった利用目的であれば十分実用に耐えれます。

一方、YouTubeやInstagramなど、動画や高精細な写真を観るにはストレス大です。

ですので、どうしても耐えられなければデータ量の追加購入しましょう。

追加代金は1ギガあたり550円。他社と比べて高くも安くもなく標準的な価格ですね。

 

 

面白い特徴として「オートチャージ」があります。

契約データ量を使い切ったら自動でデータ量の追加購入ができる、というオプションです。

 

自動で追加購入されるのは怖いんだけど

 

もちろん、自動購入はオフにできます。

自動で購入されてしまうのは怖い、という方も安心です。

 

LINEMO ミニプランのメリット|デメリット

では、メリット/デメリットを簡潔にお伝えします。

メリット

いつでも・どこでもストレスなくスマホが使える

月額料金が990円とめちゃくちゃ安い

LINEを使って、家族や友人にキレイな写真や動画をいくらでも送れる

LINEを使って、音声通話やビデオ通話がいくらでも出来る

「ソフトバンクまとめて支払い」でPayPayのお得を満喫

デメリット

くりこしができないので、ギガを使い切らないともったいない

スマホセット販売がないので、自分でスマホを用意する必要がある

申込みや問い合わせがオンライン対応のみなので、自己解決力が求められる

 

LINEMO ミニプランは「とにかく速い!とにかく安い!」

 

格安SIMって通信が混雑する時間帯があるって聞いたことがあるけど、LINEMOミニプランはどうなの?

 

LINEMOミニプランは通信の混雑はありません。いつでもどこでも快適な速度でスマホが使えます。

 

それはどうしてなの?

 

LINEMOはソフトバンク自身が運営していて、ソフトバンク回線をそのまま使えるのです。

一方、他の格安SIMはソフトバンクなどの大手キャリアから回線を借りる必要があります。

コストを下げるためには、借りる回線の量を出来る限り絞っています。
その結果、たくさんの人がスマホを使う時間帯になると通信が混雑してしまうのです。

なお、大手キャリアから借りる回線の量は格安SIM業者により異なります。
なので、通信がそんなに混雑しない格安SIM業者も存在します。

イメージはこんな感じ。

 

 

 

なるほど、イメージは理解できました。

通信速度が速くて料金が安いのであれば、みんなLINEMOミニプランにすればいいのでは?

 

その通り!

デメリットである「繰り越しできない」「スマホ販売が無い」といった点を許容できれば。

 

LINE使い放題が無料!ただし対象外機能があるので注意

 

LINEで写真や動画を送ったり・もらったりが使い放題になるのは嬉しい

 

ですよね。

写真や動画は意外とデータ量が大きいです。これが使い放題になるのはLINEMOだけ。

 

注意があるので、その点をちょっと紹介。

LINE使い放題(LINEギガフリー)の対象となるもの、対象外のものがあります。

私は「ニュース記事の詳細」をよく見るのですが対象外ですね。残念。

 

 

「ソフトバンクまとめて支払い」を使って簡単にPayPayチャージ!もうコンビニでチャージしなくてOK

 

PayPayチャージが手元のスマホだけで出来るのは嬉しい。

でも、そもそもPayPayの支払い方法をクレジットカードにしておけば、チャージの手間が省るのかな?

 

確かにクレジットカード払いにしておけば、PayPayチャージは不要です。

ですが、もったいないです。

 

「最大20%戻ってくる」なんていうキャンペーン、よく目にしますよね。

あれ、実は条件があります。よーく見てください。

「PayPay残高で支払いすると」という条件が隅っこに記載されてます。

 

なので「クレジットカード払い」はキャンペーン対象外となるケースが多いのです。

 

なるほど。PayPayでの支払い方法は「PayPay残高」がお得、ということですね。

 

さらに言うと、今までPayPayチャージをコンビニでしていた場合、現金でしたよね。

「ソフトバンクまとめて支払い」はクレジットカード払いができます。

ですので、PayPayチャージした金額は普段の買い物と同じ扱いのため、カード会社のポイントがもらえます。

 

PayPay使っている人にとっては地味ですが、見逃せないポイントですね。

 

スマホ本体は自分で準備!iPhoneならどこのキャリアのものでも使える

 

LINEMOでは、スマホ本体の販売はしていません。

ですので、スマホ本体は自分で準備する必要があります。

 

それはハードル高い気がするんだけど。。。

 

安心してください。

iPhoneなら、購入先に関係なくLINEMOで使えます。

 

今使っているiPhone、そのまま使えるってこと?

 

はい、iPhoneならそのまま使えます。

SIMロック解除すれば、の話ですが。

 

SIMロック解除、と言われてもわからないのですが。。。

 

ですよね。

スマホが使えるのは「スマホ本体を購入した携帯電話会社だけ」となるように、携帯電話会社側でロックをかけてスマホを販売しています。

例えば、ドコモで購入したiPhoneは他社で使えないようにロックが掛かっています。

このロックを外すことを「SIMロック解除」といいます。

 

なるほど。では、そのSIMロック解除はどうやってやるの?

 

大手キャリアのサイトから簡単にできます。

詳しくは「【5分で理解】iPhoneのSIMロック解除方法【ドコモ/au/ソフトバンク】」で手順を解説してます。

 

補足2021年10月以降、原則SIMロックが廃止となりました。そのため、2021年10月1日以降に発売されたスマホはSIMロック解除が不要となります。

 

AndroidもSIMロック解除すれば、そのまま使えるってこと?

 

ソフトバンクで購入したAndroidなら使えます。

一方、ドコモやauで購入したAndroidは、ほぼ使えないと思ったほうがよいです。

 

まとめると、今使っているスマホ本体をそのまま使う場合「iPhoneならどこの購入したものでもOK、Androidはソフトバンクで購入したものならOK」という理解でいいの?

 

はい、その理解でOKです。

 

もし、新しいスマホを購入したい場合、どんなスマホを買えばいいの?

 

1番買いやすいのは、Appleストアで販売しているiPhoneです。

安くiPhoneを買いたい場合は、「Amazon整備済み品」や「イオシス」で販売しているSIMロック解除済みiPhoneがすすめ。

新品に近いものや未使用品が安く買えます。

>> Amazon整備済み品

>> イオシス

 

同じソフトバンクのサブブランド「ワイモバイル」との違い

 

そもそも「サブブランドってなに?」って状態ですよね。

サブブランドとは

企業がメインのブランドとはコンセプトや料金体系などが異なる商品やサービスを提供する時に用いるブランド

具体例をあげると

  • 車でいえば「トヨタ」がメインブランドで、「レクサス」がサブブランド。
  • 服でいえば「ユニクロ」がメインブランドで、「gu」がサブブランド。

 

ソフトバンク、ワイモバイル、LINEMOの関係はというと

  • メインブランドが「ソフトバンク」
  • サブブランドに「ワイモバイル」と「LINEMO」

となります。

 

同じサブブランドである「ワイモバイル」と何が違うの?

 

1番大きな違いは「店舗でのサポートの有無」

  • LINEMOはオンライン対応のみ
  • ワイモバイルは店舗でサポートが受けられる

同じ3ギガプランでの違いをまとめると

LINEMO ワイモバイル
サポート オンラインのみ 店舗あり
月額料金 990円 2,178円
通信品質 ソフトバンクと同等 ソフトバンクと同等
データくりこし なし あり
スマホセット販売 なし あり
Yahoo!プレミアム会員 なし あり

 

LINEMOの月額料金はワイモバイルの半額以下となってます。

 

ですが、以下の条件を満たすとLINEMOと同じ990円まで下げられます。

  • 家族割り:2回線目以降が990円
  • おうち光セット:全回線が990円

 

整理すると

LINEMO

家族割や光セット割りを使わず、単独で申し込む人

自分でネット申込みや、スマホを準備できる人

LINEで写真や動画をたくさん送る人

LINEでビデオ通話をたくさんする人

ワイモバイル

家族割や光セット割りを使う人

ネット申し込みや、スマホの準備に自信がない人

Yahoo!プレミアムの恩恵を受けたい人

 

同じソフトバンクのサブブランドであるLINEMOとワイモバイルは棲み分けがうまくできてますね。

 

説明Yahoo!プレミアムとは月額508円のサービスで、様々な特典を受けられます。特典の一部を紹介します。

  • 雑誌110誌以上が読み放題。
  • PayPayモールでの買い物がおトク。例えばZOZOTOWNでは10%還元 & 送料210円クーポンがもらえる。
  • PayPayキャンペーンでおトク。私が確認したときは、電子マンガが50%還元されるキャンペーンがありました。

 

同じ3ギガプランがある格安SIMとの違い

次の比較は、3ギガプランが用意されている他の格安SIM会社です。

LINEMOと他の格安SIMとの一番の違いは「通信速度」。

 

LINEMO nuroモバイル OCNモバイルONE BIGLOBEモバイル
月額料金 990円 792円 990円 1,320円
通信速度 いつでも、めちゃ早い 平日お昼が遅い いつでも、やや早い 平日お昼が遅い
店舗サポート なし なし なし なし
スマホセット販売 なし 少しあり 機種も多く、安い そこそこあり
データくりこし なし あり あり あり
その他 LINEギガフリー MUSICカウントフリー エンタメフリー(+308円)

 

LINEMOとOCNモバイルONEの2強となってます。

判断ポイントは

  • 通信速度が早いLINEMOか
  • スマホセット販売が安いOCNモバイルONEか
  • 「LINE使いたい放題」か「MUSIC使いたい放題」か

 

LINEMO ミニプランの評判・口コミ

ここでちょっとTwitterでの評判・口コミを紹介します。

Twitterではネガティブな意見もありがちですが、LINEMO ミニプランに関しては評判がよいです。

特に月額料金と通信速度が好評ですね。

 

 

レバレジ

縛りが無く、月額990円は破格です。

 

 

レバレジ

通信速度も爆速。ソフトバンクと同じですから。

 

LINEMO ミニプランを選ぶべき人

LINEMO ミニプランを選ぶべき人は

  • 外でLINEをめっちゃ使う
  • PayPayを使っていて、毎回コンビニでチャージが面倒に感じている
  • トラブルが生じても、ネットで自己解決できる
  • iPhone6s以降のiPhoneを持っている
  • データ使用量が月3ギガ以内

 

データ使用量については、追加説明します。

 

月3ギガで出来ること

レバレジ

「月3ギガ」って言われても実際どれくらい使えるのかイメージわかないですよね

 

月3ギガで出来ること

  • Webサイト閲覧は1日300ページ
  • 地図アプリは1日30時間
  • 音楽ストリーミング(標準温室)は1日2時間。
  • YouTube(標準画質)で1日10分
  • Instagramで1日7分

 

MM総研の調査結果では、スマートフォン利用者の

  • 約60%が月3ギガ以内
  • そのうち約30%は月1ギガ以内

という結果が出ています。

出典:MM総研

 

約60%の人はLINEMO ミニプランで十分、ということですね。

 

LINEMO ミニプランで受けられるキャンペーン

LINEMO ミニプランは極限までコスト削減しているわりには、キャンペーンをがんばってしますね。

 

ミニプラン スマホプラン
通話オプション割引キャンペーン(5分以内の国内通話料定額オプションが13ヶ月無料)
PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン 〇(3,000円) ○(10,000円)
LINEスタンプ プレミアムポイントバックキャンペーン(700万種類以上の対象クリエイターズスタンプ・絵文字が使い放題のサブスクリプションサービス)

 

おわりに

最後にもう一度おさらいしておきます。

LINEMO ミニプランを選ぶべき人は

  • 外でLINEをめっちゃ使う
  • PayPayを使っていて、毎回コンビニでチャージが面倒に感じている
  • トラブルが生じても、ネットで自己解決できる
  • iPhone6s以降のiPhoneを持っている
  • データ使用量が月3ギガ以内

 

LINEMO ミニプランはコストを極限まで削って、月額990円を実現しています。

 

スマホ代のような固定費削減は、早ければ早いほど効果は絶大です。

 

こんな言葉があります。

「いつか」は たいてい、早いほうがいい

 

いまなら、PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン中!LINEMO

 

公式サイトLINEMO

 

 

関連記事【厳選4社】格安SIMに迷ったらとりあえず選んでおけばOKな会社

 

  • この記事を書いた人
レバレジ

レバレジ

「レバレッジを効かせた生活」をテーマに情報発信。 2013年から格安SIMを利用。以後、1年に1回は格安SIMを乗り換え、お得で品質良い格安SIMを求め日々情報収集。 4人家族でスマホ通信費は月2,000円。

-格安SIMを始める
-

© 2021 レバレジ Powered by AFFINGER5