【実体験レビュー】日本通信「合理的シンプル290プラン」はやはり安かった!でも低速モード切替がないのは残念

日本通信「合理的シンプル290プラン」って安すぎるけど、通信速度やサポートは大丈夫なの? 実際に使っている人の率直な感想を知りたいですよね。

実際に契約し使ってみたので、がっつりレビューします。

契約情報(マイページ)

良かった点はとにかく安いこと!

残念だったのは低速モードに切り替えられないので、月1GBを超えてしまうことがあったこと

良かった点
イマイチな点
  • とにかく安い【月290円】
  • 1GB超えても気軽にデータ容量追加できる【1GBあたり220円】
  • 標準アプリで安く通話できるのはありがたい【30秒あたり11円】
  • 低速モードに切り替え出来ないので、データ容量の節約ができない
  • 平日12時台の速度が遅い【Twitterがギリギリ】
  • 当月利用データ量が日単位で確認できない
この記事の内容
  • 合理的シンプル290のメリット・デメリット
  • 実際に使っている人の評判
  • 楽天モバイル難民(月0円ユーザー)の乗り換え先として最適な理由
この記事の内容(タップで移動)

合理的シンプル290プランについて簡単に説明

そもそも、合理的シンプル290プランを運営している会社の日本通信SIMって聞いたことがないんだけど、という人多いと思います。

正直、日本通信SIMは知名度はいまひとつの会社ですが、格安SIMのパイオニアで1996年から格安SIMサービスをしている老舗です。

機能を極限まで絞り込むことにより低料金を実現しています。その代わり、人によっては必要な機能がないかも知れません。料金と提供サービスを天秤にかけ、納得できる人にとっては最高の会社です。

「合理的シンプル290プラン」は以下の通り。

月額料金290円
通信容量1ギガ
通信容量追加料220円 / 1ギガ
通信容量繰り越し非対応
通話料11円 / 30秒
通話オプション70分分無料:700円
かけ放題:1,600円
子供向けフィルタリング月額396円
テザリング無料
回線ドコモ回線
5G非対応
eSIM対応
初期手数料3,300円
解約手数料0円
MNP転出手数料0円
最低利用期間なし

【9つ】合理的シンプル290プランにする前に知っておきたいデメリット

デメリットの数が多すぎ、と思われるかも知れません。ですが、激安料金(月290円)と考えれば許容できるデメリットもあります。

許容できるデメリットなのか確認してみてください。
合理的シンプル290プランのデメリット9つ
  1. 平日12時台の速度が遅い
  2. 端末を自分で用意する必要あり
  3. 低速モードに切替えできない
  4. データ超過すると通信自体が止まる
  5. 余ったデータ容量の繰り越しが出来ない
  6. 初期費用3,300円かかる
  7. 有人チャットが繋がらない
  8. SIM再発行料が高い
  9. 利用データ量が日単位で確認できない

デメリット①:平日12時台の速度が遅い

ほかの格安SIMもそうですが、平日12時台の速度が遅いです。ニュースサイトを見たり、YouTubeを見たりするのは厳しいです。メールやLINEぐらいならなんとかなるレベル。

平日12時台にニュースサイトやYouTubeを見る人にLINEMOがオススメ

月990円で3GB使えます。しかも、ソフトバンクが直々に運営しているので通信速度も安定。月700円(1日あたり23円)プラスするだけで、3倍のデータ容量と快適な通信速度を手にすることができます。平日12時台にスマホ使う人はLINEMO ミニプランのレビュー記事をごらんください。

デメリット②:端末を自分で用意する必要がある

日本通信SIMはスマホ本体を販売していません。なので、端末を自分で用意しないといけません。スマホに詳しい人ならなんてこと無いですが、そうでない人にとっては不安ですよね。

ドコモで購入した端末ならほぼ使えますが、auやソフトバンクで購入した端末は調査が必要です。日本通信SIMの公式サイトに「使える端末」というページがありますが、結局は各社サイトへのリンクになっているだけなので、自力で調べないといけません。

デメリット③:低速モードに切替えできない

通勤・通学や散歩する時、音楽やラジオ・ポケGOやドラクエウォークをしている人多いと思います。そういった使い方であれば低速モードに切り替えてデータ容量を節約したいですよね。

残念ながら合理的シンプル290プランは、低速モードへの切替えができません。

デメリット④:データ超過すると通信自体が止まる

合理的シンプル290プランはあらかじめ上限設定したデータ容量を超えると、通信自体が止まります。ほかの格安SIMだとデータ容量を超えると速度制限はかかりますが通信はできます。

いきなり通信が止まってしまうのは怖いですよね。。緊急回避方法は、マイページから上限設定値をあげることになります。万が一、通信が止まってしまったでも、マイページだけはアクセスできるようになっています。マイページのブックマーク&ID・パスワードはお忘れなく!

2022/12末までは、上限設置値を超えても通信は止まりません。その代わり、速度制限はされます。

デメリット⑤:余ったデータ容量を繰り越しできない

正直、デメリットとは思っていませんが念のためお伝えしておきます。

合理的シンプル290プランは、あまったデータを翌月に繰り越せません。もし、繰り越せたとしても1GB未満です。なので、繰り越せなくても損した気分にならないと思います。

デメリット⑥:初期費用3,300円かかる

最近の格安SIMは初期費用が0円だったり、キャンペーンで初期費用が無料となったりする会社が多いです。

ですが、合理的シンプル290プランはキャンペーンがないので、初期費用として3,300円かかります。

少しでも安くした場合は、Amazonでスターターパックを購入する手があります。約3,000円で買えます。

デメリット⑦:有人チャットが繋がらない

私はチャットで問い合わせすることが多いです。ほかの会社の場合、スムーズに有人チャットに繋がるのですが、日本通信SIMは繋がったことがありません。以下の通り、有人チャットに対応はしているようなのですが。。。

チャットは24時間対応です。

有人チャットは平日10:00〜18:00まで対応いたします。

選択肢をお選びいただくことで、知りたいことをお調べいただけます。分からないことがありましたら有人チャットもご利用になれます。

引用元:日本通信SIM公式サイト「お問い合わせトップページ」

デメリット⑧:SIM再発行手数料が高い

日本通信SIMはSIMカードやeSIMの発行料金が他社に比べて高いです。

  • SIMカード再発行:3,300円
  • eSIM発行:1,100円

たとえば、LINEMOはSIMカードの再発行・eSIMの発行、ともに0円となっています。

デメリット⑨:利用したデータ量の確認が日単位で出来ない

マイページで利用したデータ量を確認できるのですが、日単位で確認することが出来ません。

↓の通り、1ヶ月分の総データ量しかわからないのです。。

合理的シンプル290プランのメリット

メリットはとにかくお財布に優しいところです。
合理的シンプル290プランのデメリット9つ
  1. 平月1GBでは最安
  2. ほぼ階段従量制の料金体系
  3. 超過データ料金が最安級

メリット①:格安SIMの中でイチバン安い【月290円】

日本通信SIM「合理的シンプル290」は圧倒的に月額料金が安いです。

会社名月1GBの料金
日本通信SIM290円
HISモバイル550円
OCNモバイルONE770円
イオンモバイル858円
BIGLOBEモバイル1,078円
mineo1,298円

メリット②:ほぼ階段従量制の料金体系

合理的シンプル290の料金体系イメージは ↓。使った分に応じて料金が決まります。

MAX100GB(月22,070円)になりますが、上限

際限なく料金が上がり続けるのは怖い、と思いますよね。

安心してください。使えるデータ量(月額料金)の上限値を設定できます。私の場合、月4GB(月額950円)にしてます。もし4GBに達した場合は通信自体が止まってしまいますが、その場合、都度、マイページから上限値を変更することができます。

メリット③:超過データ料金が最安級【1GBあたり220円】

一番安いのはHISモバイルです。とはいえ差額はわずか20円なので、日本通信SIMは最安級と言ってもいいでしょう。

会社名データ容量追加料金
日本通信SIM1GBあたり220円
HISモバイル1GBあたり200円
OCNモバイルONE1GBあたり550円
イオンモバイル1GBあたり528円
BIGLOBEモバイル100MBあたり330円
mineo100MBあたり55円

実際に使っている人の評判

Twitterで実際に使っている人の感想を調べてみました。みなさん、料金に満足しているようです。

「合理的シンプル290プラン」が向いている人

合理的シンプル290に向いている人を考えていました。

「合理的シンプル290プラン」が向いている人
  • 楽天モバイルの0円プランが廃止されてしまい、乗り換え先を探している人
  • 在宅勤務でスマホを使う機会が減った人
  • 予備回線が欲しい人

楽天モバイルの0円プランが廃止されてしまい、乗り換え先を探している人

「電波が多少入らなくても1GBまでは0円だから使っていたのに・・」という人、結構いますよね。私もそうでした。

そんな人には合理的シンプル290プランはぴったりです。

ただ、音声通話をたくさんする人は注意です。楽天モバイルではRakuten Linkを使えば電話かけ放題でしたが、合理的シンプル290プランはそうではありません。

音声通話をたくさんする人は楽天モバイルに残り続ける選択はありだと思います。

在宅勤務で外でスマホを使う機会がめっきり減った人

在宅勤務を始めてからスマホを外で使う機会が減った方、結構いますよね。

とはいえ、あまりにも通信容量が少ないプランにしてしまうと、いざ出社すると規定の通信容量をオーバーし、低速になってしまうことは避けたいところ。

でも、通信料量の多いプランは月額料金が高い。。。

そんなお悩みは「合理的シンプル290プラン」で解消です。

外でスマホを使う機会が少ない月は290円で済みますし、出社でスマホを結構使う月は使用量に応じた料金となります。プラン名の通り合理的ですね。

子備回線が欲しい人

合理的シンプル290プランはドコモ回線を使っています。

今使っている回線がau・ソフトバンク・楽天モバイルの人は、予備回線として合理的シンプル290プランはありです。

よくある質問

公式のキャンペーンはあるか?

公式のキャンペーンはありません。

onでスターターパックが販売さています。スターターパックにある申し込みコードを入力することにより、契約事務手数料が300円だけ安くすることができます。

プラン変更はできるの?

現在は出来ません。
ですが、将来的にはプラン変更が可能になる予定です。

スマホセット販売はあるか?

スマホセット販売はありません。
スマホ本体は自分で準備する必要があります。

口座振替やデビットカードでの支払いはできるの?

いいえ、支払いはクレジットカードのみとなります。

まとめ

「合理的シンプル290プラン」はその名の通り、月に1ギガ使えて月額290円、という格安SIMの中でも最安値となっています。

唯一残念だったのは、低速モードに切り替えができない点です。合理的シンプル290プランを選ぶ人は速度遅くなっても料金が安い方が嬉しい、という人が多いと思います。

良かった点
イマイチな点
  • とにかく安い【月290円】
  • 1GB超えても気軽にデータ容量追加できる【1GBあたり220円】
  • 標準アプリで安く通話できるのはありがたい【30秒あたり11円】
  • 低速モードに切り替え出来ないので、データ容量の節約ができない
  • 平日12時台の速度が遅い【Twitterがギリギリ】
  • 当月利用データ量が日単位で確認できない

追伸

少し話しは変わりますが、この本知っていますか?

この記事を読んでいただいている方は合理的な考えを持っているのではないでしょうか。

そんなあなたにおすすめの本になります。

日々の生活をより合理的にする具体的なテクニックが満載です。余計な支出を減らすテクニックとして格安SIMの話もありました。

「Neo Life hack」を無料で聴くならAmazonのAudibleがおすすめです。

朗読のプロが読み上げてくれるので、頭に中にスッと入ってきます。

移動時間に聴けますので、読書量を爆上げできます。

今なら無料体験できるのでぜひお試しください。

Audibleを無料体験をしてみる

この記事を書いた人

2014年から格安SIMを利用(9年間)|4人家族のスマホ代合計 = 月3,260円|実際に使ったSIMの使用感を正直にお伝え

この記事の内容(タップで移動)